/

この記事は会員限定です

デフレ下でも稼ぐ企業 節約需要に的、新サービス続々

[有料会員限定]

景気の先行き不透明感から、消費者が財布のひもを締めている。日銀は2%の物価目標の達成時期を再び延期。デフレも深刻だ。そんな厳しい環境の中、業績を伸ばしている企業は。好調な内需企業を抽出すると、3つのキーワードが浮かぶ。

独自モデル、消費者が支持

「2020年の東京五輪前にかつてない不景気が来る可能性がある」。ニトリホールディングス(9843)の似鳥昭雄会長は最近、こんな見方を示した。小売りの勝ち組のトップですら悲観的にならざるを得ないほど、消費は冷え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン