/

[FT]トランプ、プーチン、安倍…強権指導者の危うさ

Financial Times

モスクワからマニラ、北京からブダペスト、アンカラからデリーに至るまで、国家主義の「ストロングマン(強権的な指導者)」が再び流行している。もし米国が共和党候補のドナルド・トランプ氏を大統領に選んだら、国際的な流行を追いかけているのであって、先頭で引っ張っているわけではない。

ストロングマンに魅了される流れは、独裁的な国と民主主義国の双方に広がっている。中国は10月末、習近平国家主席が今や共産党指導部の「核心」だと発表したとき、個人独裁に向かう危険な道をさらに一歩踏み出した。「核心」というのは、毛沢東主義のニュアンスを帯びた肩書だ。

その習氏は先日、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領をもてなした。ドゥテルテ氏は選挙を経て権力を握ったが、威張り散らすスタイルと法を軽んじる態度は、新しいタイプの独裁者に典型的な特徴だ。世界の強権的指導者たちの「守護聖人」は、そのワンマン支配がまだ民主主義の外見的特徴を多少備えている、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領である。

民主主義の形式と独裁の現実を織り交ぜた同じ体制は、ほかの強権的指導者も披露している。その一人はトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領であり、程度はましだが、ハンガリーのオルバン・ビクトル首相だ。このほか、まだ正真正銘の民主主義体制の枠内で活動しているものの、その政治的アピールは、国家主義をはっきり帯びた毅然としたリーダーシップというイメージを基盤としている強権的指導者がいる。インドのナレンドラ・モディ首相や日本の安倍晋三首相などだ。

憂慮すべきことに、トランプ氏の政治スタイルは、プーチン、エルドアン両大統領といった最も独裁的なストロングマンと一番共通点が多い。

ロシアとトルコの指導者が描く外の世界は、自国に対して陰謀を企てる敵対勢力に満ちた場所だ。また彼らは、往々にして外部の敵と協力しているとされる「内なる敵」を引き合いに出す。プーチン氏とエルドアン氏は、習氏と同じように、外国人から受けた過去の屈辱を晴らす「国家の復興」を率いることも約束している。

トランプ氏、ストロングマンと共通する特徴

トランプ氏は驚くほどよく似た政治物語を採用した。国家主義と自己憐憫(れんびん)、陰謀論、国家再生の約束という同じ要素を含むストーリーだ。トランプ氏はこう主張する――世界は米国を笑っている、米国内の自分の敵は外国のロビイストとぐるになっている、だが自分は「米国を再び偉大にする」と。

トランプ氏はさらに、米制度全体が腐敗していると断じ「泥沼を一掃する」と約束している。腐敗したエリートを統制するという、この(概してシニカルな)約束は、新たなストロングマンに共通する特徴だ。プーチン氏はロシアのオリガルヒ(新興財閥)を相手に、芝居がかった衝突を演出してみせた。習氏は猛烈な反腐敗運動に乗り出した。

程度の差こそあれ、こうした強権的指導者は皆、個人崇拝を促してきた。近年、中国では、習氏を賛美する流行歌が次々生まれた。ロシアのメディアは、さまざまなマッチョなポーズを取るプーチン氏の姿を紹介してきた。

トランプ氏はまだ、胸をはだけたポーズを取るリスクは冒していない。だが、筆者が10月下旬にフロリダ州で開かれた集会に出席したとき、指導者崇拝が盛んなことはほとんど疑いようがなかった。サンフォード空港で期待して待つ群衆は、機体のわきにでかでかと「トランプ」と書かれたリーダーのジェット機が着陸し、群衆の方へゆっくり走行してくる光景に迎えられた。大音量のドラマチックな音楽が数分流れ、ついに飛行機の扉が開くと、嵐のような声援に向かって当の指導者が姿を現した。

1930年代との類似点は、残念なことに、明々白々だ。当時、大恐慌の経済的なショックによって世界中で政治が急進した。2008年の金融危機を受け、これと似たことが起きたのかもしれない。欧州、中東、アジアで国際紛争の脅威が高まっているという感覚も、強い指導者への希求を高めた可能性がある。

外交に独特のスタイル…安倍首相も

強権的指導者は国際外交に独特のスタイルを持ち込む。各種機関や国際法に依存する代わりに、彼らは男同士、腹を割って問題を解決したがる傾向がある。トランプ氏はプーチン大統領と早期に首脳会議を開くことを約束している。

日本の安倍首相もロシア大統領に対して個人的なアプローチを計画している。安倍氏は来月、日本での首脳会談にプーチン氏を招いている。恐らくは、ロシアが1945年以降占領している島をいくつか返還することにプーチン氏が同意してくれるという無駄な期待を抱いてのことだ。2人は安倍氏の郷里の伝統的な温泉で話し合いを続けると見られている。安倍氏の側近の言葉を借りれば、「裸の中年男2人が温泉で問題を片付けようとする」ことになる。

この種の極めて個人的な外交は間違いなく刺激的だが、本質的に不安定でもある。強権的な指導者同士の間でまとまった合意は、瓦解する傾向がある。エルドアン氏はほかの指導者と親密な絆を築きながら、自分がないがしろにされたと感じたときに一転して激しい敵意を抱く傾向を見せてきた。トランプ氏の巨大なエゴも、極めて不安定な個人外交スタイルにつながる恐れがある。

興味深いことに、マッチョな強権的指導者の台頭は、政治スタイルがずっと控えめで、合意形成型の力強い女性政治家を求める(ストロングマンと)逆行する流れと同時に起きている。最も明白な例がドイツのアンゲラ・メルケル首相だ。英国のテリーザ・メイ首相もこの型にはまる。欧米政治の女性化が、昔を懐かしむ一部の男性有権者の間でマッチョな指導者へ駆り立てている可能性さえある。もしホワイトハウスの主の座を勝ち取ったら、ヒラリー・クリントン氏はストロングマン信奉に一撃を食らわすことにもなる。これがクリントン氏勝利を祈るもう一つの理由だ。

By Gideon Rachman

(2016年11月1日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2016. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン