/

この記事は会員限定です

「AI時代、中国が有利」 ジム・ロジャーズ氏

2045年を探して(4)

[有料会員限定]

人工知能(AI)を使った投資が拡大し、世界の市場を動かしている。AIはいずれ、人間の投資家を超えるのか。そうなったとき、市場は何によって動き、人間は何をすることになるのだろうか。ヘッジファンドの先駆けとなったクオンタム・ファンドの創設者で著名な投資家のジム・ロジャーズ氏に、AIが投資の主役を担う未来について聞いた。

 ――投資家ジム・ロジャーズの投資手腕を、AIは超えられますか。

「すでに短期取引で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン