2019年3月25日(月)

クイックVote

フォローする

地球温暖化対策、「新エネルギー」に期待
第295回解説 編集委員 木村恭子

(1/2ページ)
2016/11/3 3:30
保存
共有
印刷
その他

地球温暖化の影響として、最も不安に感じることを電子版の読者にお伺いしたところ「巨大台風」が31.3%に上り最多でした。また、温暖化防止のために取り組むべき最優先課題としては「新エネルギー」の推進や普及を求める声がほぼ半数を占めました。

 ◇

温暖化のリスクについては、地理的要因もあり、日本が昔から台風に見舞われてきていたことから、台風被害を身近に感じている人が多いようです。

「世界的には海面上昇であるが、日本としては台風が怖い」(77歳、男性)

「台風の被害が大きすぎます」(47歳、男性)

次いで「農作物への影響」が29.4%を占めました。

これに関しては、「その他」(10.6%)を選んだ読者(51歳、男性)から「温暖化は不安と同時に多くの恩恵ももたらす。例えば、農作物への影響は恩恵もかなりあるのではないでしょうか」との意見もありました。

確かに温暖化による気温上昇によって冷害が減ったり、栽培可能な期間が長くなったり、二酸化炭素(CO2)の濃度が上昇することで光合成が活発化され農作物の成長を促すといったプラスの面もあるといわれています。

ただ、温暖化の農作物へのマイナス点を指摘する読者は、凶作などが及ぼす食料安全保障の面からの悪影響を懸念しています。

「異常気象より農作物への影響がより多くの人に直結する問題といえる」(66歳、男性)

地域間や国家間の紛争に発展することを危惧する読者も少なくありませんでした。

「世界的にみれば、農作物への影響がもっとも日常的に深刻な問題。深刻な飢餓、貧困のまん延により、地域的な紛争多発の原因にもなりえる。この分野の日本の技術で脆弱な途上国を積極的に支援すべきだ」(47歳、男性)

沿岸部の海抜の低い地域が海面上昇などによって住む場所を失ってしまうなどの被害がある「海面上昇」(19.3%)が続きました

「全国あちこちで津波対策に堤防を作っていますが、海面上昇+津波が来たらひとたまりもない」(64歳、男性)

「防潮堤を越えて襲いかかってくる高潮は津波に匹敵する破壊力である。この発生確率を高める海面上昇は深刻な問題だ」(48歳、男性)

なお、「その他」を選んだ読者からのコメントでは「感染症リスクの拡大」(52歳、男性)や「気候がより熱帯に近づくことで今まで日本ではあり得なかった病原菌がまん延することが心配」(33歳、男性)といった感染症への不安が挙がりました。

最近、海外で流行するデング熱やジカ熱の原因となるウイルスを媒介する「ヒトスジシマカ」の日本での生息域が、温暖化で北上しているといった報告もありましたね。

一方で「地球温暖化が事実なのかどうかも分からない状況だと考える」(66歳、男性)と温暖化が進んでいること自体に懐疑的な読者の声も寄せられました。

 ◇

温暖化防止のために「新エネルギー」を推し進めることを選んだ読者は、よりCO2の排出が少ないエネルギーの必要性を感じています。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報