2018年8月21日(火)

直木賞作家とAIの仲 「舞台設定を任せたい」
朝井リョウさんに聞く

2016/11/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 人工知能(AI)を利用した創作小説が「星新一賞」の1次予選を突破するなど、AIは文学の世界でも徐々に注目を集め始めている。AIが小説家になる日は、果たしてやってくるのか。AIとの共作を夢見る直木賞作家の朝井リョウさんに話を聞いた。

 ――AIに関心を持たれたのはなぜでしょうか。

 「AIは決められたゴールまでの最短距離の道筋を提示する力にたけていると聞き、その能力は自分が今最も欲しているものだ、と思…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報