/

この記事は会員限定です

独立系FA 存在感じわり

[有料会員限定]
 投資の相談役として独立系金融アドバイザー(IFA)の利用がじわり広がっている。少額投資非課税制度(NISA)の普及などを通じて、投資に関心を持つ人が増加していることが背景だ。IFAは金融機関から独立した立場で、顧客ニーズに合わせた幅広い運用商品の提案が可能だ。顧客の人生設計を見渡したアドバイスなど、得意分野を持つIFAも目立ち、存在感が高まっている。

「顧客目線徹底」掲げ 幅広い運用商品提案

「金融商品の情報量が多いことが決め手になった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン