/

この記事は会員限定です

味の素、グローバル化へ働き方改革(真相深層)

内外格差解消で7時間労働制を導入へ

[有料会員限定]

味の素は2020年度に社員の所定労働時間を1日あたり7時間とする方針を掲げた。1日8時間の大企業が多いなか、働き方改革を進めなければグローバルに戦えないというトップの思いが、会社を動かした。

「社長は本気だ」

9月27日に首相官邸で政府が初会合を開いた「働き方改革実現会議」(議長・安倍晋三首相=62)。長時間労働の是正など9項目に関して議論を進める。さかのぼること4カ月、味の素はすでに動き出していた。

5月の味の素の16年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン