/

この記事は会員限定です

日銀が「金融重視」に転じたワケ

[有料会員限定]

「すぐに何か変更があるとは考えづらい」

21日の衆院財務金融委員会。日銀の黒田東彦総裁は10月31日~11月1日に開く金融政策決定会合での追加緩和の先送りを早々と示唆してみせた。日銀内には「物価は下振れているが、経済情勢はさほど変わっていない。追加緩和は必要がある時に実施すればいい」との声が広がる。

日銀は9月末に過去の異次元緩和の総括的な検証を実施し、政策の誘導目標をお金の供給量から金利に変えた。実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン