/

この記事は会員限定です

AI起業、イスラエルで続々 救急治療にも

2045年を探して(1)

[有料会員限定]

中東のイスラエル。カプセル内視鏡や海水の淡水化など世界の先頭を走る技術は少なくない。今、人工知能(AI)ベンチャーが続々生まれている。現場を訪ねた。

9月下旬、最大商都テルアビブ郊外にあるショッピングセンターの一角。人体や心臓の模型に囲まれたオフィスで、10人程度の若者たちがコンピューター断層撮影装置(CT)の画像を食い入るように眺めている。

ゼブラ・メディカル・ビジョンでは人の目では見つけにくい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン