/

日本代表躍進の土壌築いた平尾誠二さんの功績

20日に亡くなった平尾誠二さんはラグビー界に多くの遺産を残した。それは昨年のワールドカップ(W杯)イングランド大会で躍進した日本代表にも、脈々と受け継がれていた。

平尾さんが日本代表監督を務めていた1997年。抜てきした選手が青学大2年の岩渕健輔氏だった。今は日本代表のゼネラルマネジャー(GM)を務める岩渕氏が振り返る。「平尾さんはラグビーというスポーツをラグビーの枠だけでなく、広い視野でとらえていた」

97年2月、ラグビーの日本代表監督に就任し記者会見で抱負を語る平尾氏=共同

同じSOというポジションを務めたにもかかわらず、細かい技術面の指導を受けた記憶はない。「このパスやキックが悪いとか、ラグビーのことを言われたことは一度もなかった」

先駆けて相手チームの映像やデータ分析

その代わり、平尾さんは従来の日本になかった発想で代表の強化を試みた。他競技に先駆けて取り組んだのが、相手チームの映像やデータの分析。試合の前半の映像を即座に編集し、ハーフタイムには見られるように準備していた。岩渕氏は2000年にイングランド1部リーグの名門サラセンズに加入したが、「情報分析では日本代表の方がイングランドより進んでいた」と言う。

サッカーの代表経験者を合宿に招き、キックを指導してもらうなど、他競技から学ぶ視点もあった。ラグビー経験の有無に関係なく、短距離走や跳躍力など運動能力に優れた人材をスカウトする「平尾プロジェクト」も推進。東京五輪を控えスポーツ庁などが現在進めている、他競技からの人材発掘の先駆けだった。

海外遠征の航空機をエコノミークラスからビジネスクラスに変えるなど、代表選手の待遇を改善し、プロとして扱おうとしたのも平尾監督時代だった。

もう一つの大きな変革が日本代表の「国際化」だった。海外出身の選手をさらに積極的に活用。それまでは先発15人中、3人程度の起用にとどまっていたが、平尾さんが率いた99年W杯ウェールズ大会の3試合の平均は5.67人に達した。

1選手が2カ国の代表チームでプレーできる当時の国際規定に基づき、グレアム・バショップとジェイミー・ジョセフという元ニュージーランド代表の主軸2人も日本代表入りさせた。

海外メディアはニュージーランド代表の愛称「オールブラックス」にちなんで「チェリーブラックス」と批判。その後に国際統括団IRB(現ワールドラグビー)が2カ国の代表選手になることを禁止するに至ったのも、平尾さんがルールの内側でできることを極限まで突き詰めていた証拠だろう。

海外出身選手の積極起用に道開く

日本人監督が海外出身選手の積極起用に道を開いたことは、その後にW杯の日本代表を指揮したジョン・カーワン氏、エディー・ジョーンズ氏という2人の外国人指導者の指針にもなったはず。ルールがあるわけではないが、先発15人の中に海外出身選手が5~6人というのは近年の日本代表の基本線になっている。

様々な手法で強化したにもかかわらず、平尾ジャパンの集大成となるはずの99年W杯は苦いものとなった。1次リーグ初戦の対戦国は4カ月前に勝利していたサモア。しかし、メンバーや戦意を含めて全く違うチームとなっていた相手に9-43で大敗した。続くウェールズ、アルゼンチンにも敗れ、0勝で大会を終えた。

世界のラグビーが急速に変化している時代だった。かたくなにアマチュアリズムを守ってきたIRBは95年に選手のプロ契約を解禁。各国のトップ選手は練習量を増やし、体格・技術を進化させていた。当時ほとんどプロ選手がいなかった日本は完全に流れに乗り遅れていた。

95年5月、W杯壮行試合のルーマニア戦でタックルをかわし突進する平尾氏=共同

インターネットもまだ普及期にあり、海外チームの分析に力を入れていたとはいえ詳細なデータを得るには支障が多かった。指導者や審判ら海外の関係者との人脈も乏しく、得た情報を読み解いてチーム強化に生かすための知識もまだ足りなかったのだろう。W杯本番では対戦国が別人の顔を見せ、日本はピッチの芝に滑る選手が続出。力を出し切れなかった。

「想定外」の原因で敗れた99年W杯のメンバーだった岩渕GMは12年、日本代表のGMに就任した。真っ先に取り組んだのが、過去の日本代表や海外チームの分析だった。その結果、至った結論が「平尾さんのときに日本代表がやったことはすごく進んでいた」。

新しい代表の強化は当時の指針を参考に始まった。全地球測位システム(GPS)やドローンを活用してのデータ収集と活用。格闘家など他競技の専門家の招請。海外出身選手の力を最大限に引き出す起用法……。ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)が取り入れた具体策は、平尾ジャパンと重なるものが多かった。

99年の反省も生かされた。岩渕GMとジョーンズHCは芝やホテル、主審までW杯本番と同じ環境で強化試合を設定。細部の細部まで準備を重ねた。ジョーンズHCを筆頭に、周囲のコーチ陣も各国の指導者や審判らとの情報網を使い、対戦国の分析を進める。W杯のピッチで目を丸くしたのは、日本でなく相手の方だった。

99年からの16年間で日本にもプロ契約は広がり、海外のスーパーラグビーでプレーする選手も増えていた。スタッフ陣の強化策と選手のレベルアップとが結びつき、世界中のニュースとなった日本代表の3勝という結果が生まれた。

「昨年W杯、平尾ジャパンをさらに近代化」

就任後初となる合宿で選手に指示するジョセフ代表HC=共同

「私が偉そうに言えることではないが、平尾さんのときにやっていたことをさらに近代化したのが昨年のW杯だった」と岩渕GM。日本代表の活躍は、平尾さんが広い視野のもとで耕した土壌の上に咲いた花でもあった。

ジョーンズHCは昨年のW杯限りで退任。平尾さんは後任を検討する日本ラグビー協会の作業部会の一人として人選を進めた。選んだのは、平尾さんが代表監督時代に選手として指導し、日本のラグビーを強くしたいという情熱を持つジョセフ氏だった。

今年1月、ラグビー協会は理事会でジョセフ氏就任の方針を決めた。会議が終わった午後8時すぎ。秩父宮ラグビー場の敷地を出ようとする平尾さんに選考の理由を聞くと、底冷えのする路上に立ち止まって答えてくれた。「人間的にもプレーも愚直な男。いい選考じゃないかと思いますよ」。痩せた頬の上の瞳は現役時代のような輝きを宿していた。

その秩父宮で11月5日、ジョセフHCは初陣を迎える。日本代表がこれからどんな戦いを見せるのか。自身が顔役を務めるはずだった3年後のW杯日本大会の成否は――。その行方まで見届けぬまま、平尾さんは逝った。

(谷口誠)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン