/

この記事は会員限定です

米大統領選、「ましな候補」を選ぶ戦いに

ワシントン支局長 小竹洋之

[有料会員限定]

「lesser of two evils(まだましな方)」の選択――。11月8日に迫った米大統領選はついにこんな表現で語られるようになった。

異端児の不動産王ドナルド・トランプ氏(共和党)と正統派のヒラリー・クリントン前国務長官(民主党)という対照的な2人の対決。形の上では「変革か安定か」あるいは「オバマ政権の否定か継承か」が問われているようにもみえるが、実態はそれほど高尚とはいえない。ともに問題...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1321文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン