/

この記事は会員限定です

佐治敬三(27)財界活動

生活文化企業論貫く 大商会頭7年、花博成功に尽力

[有料会員限定]

サントリーの将来像を生活文化企業と位置づけたのは、昭和55年(1980年)であった。生活文化という言葉は決して熟した言葉となっていなかったが、産業の未来像を考えたとき、生産一辺倒で社会が成り立つわけがないと考えた。企業の存立は、社会に提供する財が社会から尊重されることによって保証される。社会がその財を生活をより豊かにすることができるとしたとき、その財を生活文化財、その財を生産する企業を生活文化企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン