2018年9月19日(水)

安倍政治と象徴天皇 よみがえる「ノモス」の影
編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2016/10/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国民主権をうたった日本国憲法。その下で国政に一切の権能を持たない象徴天皇の務めとは何か。天皇陛下が8月のおことばで問いかけられた核心部分はここだった。生前退位を巡る議論が本格化する陰で、70年前の憲法公布直後に敗れ去った学説がよみがえる気配がある。いわゆる「ノモス主権」説である。

通説は「1945年8月に革命」

 新憲法の誕生時、国民主権論を強力に支えたのは、東大教授だった宮沢俊義(1899~19…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報