/

この記事は会員限定です

措置入院後、警察に戻す経路を 井原裕氏

独協医大越谷病院教授

[有料会員限定]

相模原市の障害者殺傷事件は、精神障害のある容疑者の措置入院の解除(退院)をめぐる事件前の対応が議論となっている。精神保健指定医として措置入院診察を行う立場から問題を指摘したい。

まず前提として、精神科医療の目的は心の健康に奉仕することであり、犯罪を防止することではないことを理解してほしい。

医療は患者が求め、医者が応じて始まる。患者が求めてもいないのに医者が押し付けてはならない。まれな例外が、精...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン