/

この記事は会員限定です

株反発、ファストリ・ソフトバンク急伸に潜む閉塞感

証券部 川路洋助

[有料会員限定]

「今日はファーストリテイリングソフトバンクグループだけの相場だね」。14日午前、ある国内系運用会社のファンドマネジャーは苦笑した。この日の日経平均株価は前日比82円高の1万6856円と3日ぶりに反発した。中国の9月の消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回るという好材料はあったが、反応は限定的。来週から2016年4~9月期の決算発表が本格化するのを前に動きづらいという事情があるにせよ、株高の理由がほぼファストリとソフトバンクの上昇で説明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1365文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン