/

この記事は会員限定です

後藤勝造氏 横浜生糸で失敗、神戸海運界で成功

市場経済研究所代表 鍋島高明

[有料会員限定]

長野県の農家に生まれた後藤勝造が「兵庫県人物事典」で重要人物として登場するのにはわけがある。

「横浜から東海道を経て、屈強な若者2人が神戸にたどり着いた。一人は長野生まれの後藤勝造。もう1人の川越出身の鈴木岩治郎は神戸を素通りして長崎に向かう。後藤は蚕糸業に失敗、わずか2分2朱をフトコロに一山当て込んだのだが、岩治郎は神戸より長崎を選んだ」(神戸新聞社編「海鳴りやまず-神戸近代史の主役たち」)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン