2019年8月24日(土)

ボール任せ 風任せ

フォローする

プロゴルファーはパーマーを忘れてはいけない
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2016/10/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

ゴルフ界の"伝説"の一人、アーノルド・パーマーが9月25日、87年の生涯の幕を閉じた。

ゴルフのスーパースターといえば多くの人が、ツアー復帰を伝えられるタイガー・ウッズ(米国)の顔を思い浮かべるだろう。あるいは、もう少し時代をさかのぼって、トム・ワトソンやジャック・ニクラウス(ともに米国)の名を挙げるかもしれない。

60年全米オープンで7打差を逆転

しかし、パーマーは単にスーパースターであっただけではない。もし彼がいなかったら、今のプロゴルフの隆盛はなかったかもしれない――とまでいえるほどの存在であった。その意味で、世界中のプロゴルファーは「アーノルド・パーマー」の名前をけっして忘れてはいけないし、感謝の念を抱き続けるべきだと思う。

記録だけを見ると、パーマーはナンバーワンではない。メジャー大会優勝は、ニクラウスの18勝やウッズの14勝に遠く及ばない7勝で歴代7位。米ツアー通算62勝も歴代5位である。だが、優勝回数だけでは表せない大きな功績がある。

1954年の全米アマを24歳で制したパーマーは、そのままプロに転向。58年のマスターズで優勝したころから、その攻撃的なゴルフで人気が出始めた。ハイライトは60年の全米オープンだ。3日目を終えて首位に7打差の下位にいたが、最終日の最初の7ホールで6バーディーを奪う猛チャージをかけて65をマーク。大逆転でタイトルをものにした。7打差逆転は、今も全米オープンの最大記録として残っている。

これでパーマー人気に火がついた。独特のハイフィニッシュと「パーマーチャージ」を見ようと、トーナメントにギャラリーが殺到する。パーマーの組を追いかける人たちは「アーニーズアーミー」(パーマー軍団)と呼ばれるようになり、それまではフィルム撮影によるニュースが中心だったゴルフトーナメントをテレビ局が生中継し始め、プロゴルフが視聴率を稼げるコンテンツになった。

アグレッシブなゴルフ、最大の魅力

パーマーの最大の魅力は、そのアグレッシブなゴルフだ。後年、ニクラウスに「レイアップした(刻んだ)ことがあるかね」と聞かれると、言下に「そんなことをしていたら、もっと勝っていたよ」と答えたほどで、第2次世界大戦後の好景気が陰りを見せ始め、意気消沈気味になっていた米国人の心をわしづかみにした。

生涯アマチュアを貫いたボビー・ジョーンズや、「鉄人」と呼ばれたベン・ホーガンら、それまでの人気選手には、どこかとっつきにくい雰囲気があったが、パーマーにはそのへんにいる普通の人と変わらない親しみやすさがあった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
共同

 ちょうど1年後の8月1日・土曜日は、東京五輪前半の週末にあたり、日本中が熱く沸き返っていることだろう。
 ゴルフ競技は男子の3日目が行われているはずで、はたしてどんな展開になっているだろう。日本は誰が …続き (8/1)

ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

5本ならバッグもすっきり

 ハーフセットのクラブでゴルフを始められた人が多いのではないだろうか。
 ゴルフ規則で使えるクラブは14本までとされており、初心者はその半分の7本で十分――ということなのだろう。
 40年ほど前、ウッドは …続き (5/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。