狙うは満塁弾 NTTデータのVR打撃練習システム
デルIT部門買収との合わせ技で米国開拓

2016/10/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTデータは仮想現実(VR)を使うプロ野球選手向け打撃練習システムを開発した。データを持つ楽天野球団(仙台市)と組み、実在する投手を忠実に再現するのが特徴で、すでに大リーグ球団を含む米国市場を次のターゲットとして見据える。そこには買収手続きを進める米デルのIT(情報技術)サービス部門と組み合わせ企業ブランドをアピールする深慮遠謀がある。

■VRで球種をリアルに再現

「これを使うと1打席目から違う…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]