クイックVote

フォローする

小池知事の仕事ぶり、「評価」88%
第291回解説 編集委員 木村恭子

(1/4ページ)
2016/10/6 3:30
保存
共有
印刷
その他

小池百合子知事が就任してから2カ月がたった東京都政に関し、電子版の皆さんに5つの質問を投げかけました。まず小池知事の働きぶりについては「評価する」と答えた読者が88.0%に上り、滑り出しは順調といえます。

特に、就任早々から浮上している東京五輪・パラリンピックの運営費が膨張している問題に関しては「コストカットする必要がある」と考える読者が90.5%を占めたほか、ボート会場などの計画見直しを支持する声も84.8%%に上りました。

また、築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転については、土壌汚染対策問題に関し「豊洲の安全が確認できるまで延期すべきだ」との回答が63.3%となりました。これは、9月に行った定例の世論調査結果(64%)とほぼ同じ比率です。

さらに、小池知事が豊洲市場の建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で責任者を特定できなかったと結論付けたことに納得しなかった読者も67.6%を占めました。

今回は3300人を超える方々がアンケートに協力してくださいました。都政の問題が都民だけでなく全国的にも関心が高い話題であることがわかります。

 ◇

小池知事の働きぶりを評価する読者のほとんどは、知事が「パンドラの箱を開けた」(55歳、男性)ことを支持しています。

「豊洲問題・オリンピック問題等、今まで知らなかった情報が開示されたことは都民にとっても国民にとってもいいことだ」(66歳、男性)

ある読者(63歳、男性)は「政治家・官僚・癒着業者との闇をオープンにした」として、「今後はリアルタイムでの情報公開を望む」としています。

情報公開に関しては、読者自身の経験をもとに、次のような提案もありました。

「議事録を全て公開すべきだ。旧通産省へプロジェクトのために出向していた時には会議内容は全て進行順に議事録をインターネットに全て公開していました。ICレコーダーで録音後、議事録に記載していました」(62歳、男性)

小池知事への評価とは裏腹に「今までの都知事は何をやっていたのだろう」(72歳、男性)と、歴代のトップの行政手腕に対して疑問を抱く読者も。

たった2カ月で都政の大きな問題への対応をハイペースに進める小池知事に対しては、期待とともに「抵抗勢力も大きい中で大変だと思いますが、健康に気を付けてこの先もがんばっていただきたい」(42歳、女性)、「息切れしないことを期待したい」(61歳、男性)などと健康や継続性を気遣う声もチラホラありました。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ特集トップ