/

この記事は会員限定です

インドで「ドラえもん放映禁止」の声が上がる理由

ニューデリー支局 黒沼勇史

[有料会員限定]

日本のコンテンツ輸出の代表選手、藤子・F・不二雄原作のテレビアニメ「ドラえもん」が思わぬ批判にさらされている。この夏、インドとパキスタンで相次ぎ放映禁止を求める声が上がった。外資排斥といった紋切り型の反対論ではない。もっと本質的だ。「みんな、みんな、みんな、かなえてくれる♪」のが問題だという。

インド中部マディヤプラデシュ州から7月下旬、何通もの封書が各地に送りつけられた。中央政府、州政府、娯楽放...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン