希少なビルマ猫の「楽園」訪ねて ミャンマー中部

2016/10/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

緑に覆われ広々とした庭で、猫たちが自由に遊び闊歩(かっぽ)する――。ここはミャンマー中部・シャン高原にある、インレー湖のほとりの村。絶滅の危機にひんしている同国原産の種「ビルマ猫」の保護、繁殖活動を進める施設を訪ね、「猫の楽園」をのぞいた。

出迎えてくれたのは毛並みがきれいな2匹。目つきはやや鋭いが、身のこなしはゆったりとしている。驚かさないようそっとレンズを向けると、どんどん体を寄せてくる。ビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]