/

ブラックベリー、インドネシア生産を合弁企業に委託

■ブラックベリー(カナダの通信機器メーカー) インドネシアでのスマートフォンの生産を現地企業との合弁企業に委託すると発表した。端末生産から撤退し、ソフト開発に専念する経営戦略の一環。

今後は合弁のBBメラプティが「アンドロイド」OS(基本ソフト)対応のソフトとアプリケーションを搭載したブラックベリーブランドの端末を生産販売する。ブラックベリーは声明で、インドネシアで新しい端末を生産するために必要な全ての経験を提供すると述べた。

ブラックベリー会長兼最高経営責任者ジョン・チェン氏は自社端末開発の終了を発表した。BBメラプティはブラックベリーとジャカルタに本拠を置く携帯端末・SIMカード販売大手ティフォン・モバイル・インドネシアの合弁。(ジャカルタ=エルウィダ・マウリア)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン