2018年7月23日(月)

日本ラグビー勝利への扉

フォローする

改革待ったなし ラグビー界「失われた1年」

(1/4ページ)
2016/10/4 6:30
保存
共有
印刷
その他

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)史上最大の番狂わせといわれた日本―南アフリカ戦から1年がたった。ラグビーブームに沸いた日本国内も、今ではほぼ元通りの光景が広がる。トップリーグの観客は落ち込み、テレビに楕円球が映る機会も減った。対照的に華々しく始まったのがバスケットボール男子のBリーグ。開幕までの準備期間は、日本のラグビー界が失ったのとほぼ同じ1年強。史上最大級の追い風を生かせなかったラグビー界と、同期間で改革をなし遂げたバスケットボール界。その違いはどこにあったのだろうか。

Bリーグ支える先進的な事業モデル

Bリーグの開幕戦は1万席近い客席が発売20分間で完売した=共同

Bリーグの開幕戦は1万席近い客席が発売20分間で完売した=共同

 発光ダイオード(LED)が床一面で光り輝く世界初のコートが話題になったBリーグの開幕戦は、1万席近い客席が発売20分間で完売。まだ開幕直後とはいえ、各クラブの観客数も、2リーグに分裂していた昨季の約2倍の水準で推移する。

 開幕戦のテレビ視聴率は5.3%。低すぎるとも評されたが、通信アプリ「LINE」の無料中継で300万人が視聴するなど、他局やネット媒体でも多数放送していた。実質的な視聴率は、プロ野球関係者の見立てでは「10%超」。視聴者層も若年層が圧倒的に多い。民放局のプロデューサーは「実質的にプロ野球巨人戦と同程度の視聴率だとしても、年齢層を見ればBリーグの方が圧倒的に魅力的」と話す。

 Bリーグが出だし上々で滑り出せたのは、「日本初」の先進的な事業モデルを次々導入できたからだ。

 「デジタルマーケティングの徹底推進」を掲げるBリーグは、チケット購入や会場入場までの一切がスマートフォン(スマホ)上で完結する仕組みを導入。同時に、誰がいつ、どの試合のどの席を買ったかというデータが蓄積される仕組みを構築した。

 データ分析により、PR戦略やチケットの価格設定などを勘頼みでなく論理的に行うことができる。今後は協会に競技者登録する60万人超のデータとの統合も計画中。潤沢なデータの魅力は、ソフトバンクと4年で推定120億円という巨額のネット放映権契約にも結びついた。

 日本代表とBリーグのスポンサー権・放映権を一括して販売する事業会社も設立。権利のまとめ売りによって、収入を拡大する。サッカーの米プロリーグMLSなどの急成長の原動力となった仕組みだ。放映権料などから各クラブへ配る資金の割り当て方法も、入場者数に応じた傾斜配分を導入。クラブの競争を促すようにした。

 手元に綿密なデータがあるから、開幕戦の翌日、リーグ側が記者会見でこうした経営データを開示することも可能になる。「開幕戦のテレビ中継終了後の3時間で、従来の2倍のチケットが売れた」「観客1人当たりの公式グッズの平均購入額は、一般的なスポーツ興行の3倍の1000円に達した」……。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本ラグビー勝利への扉 一覧

フォローする
スクラム強国のジョージアに負けなかったのは大きな自信になる=共同共同

 ラグビー日本代表が6月のテストマッチ3連戦を終えた。イタリアとジョージアという手ごわい相手と戦い、2度の完勝と、1つの惜敗。来年のワールドカップ(W杯)に向けて日本が得た収穫と課題も、同じような割合 …続き (6/28)

レッズ戦で今季初勝利を喜ぶ堀江(右から2人目)らフィフティーン=共同共同

 スーパーラグビーに参戦中の日本チーム、サンウルブズが参戦3季目で初の連勝を果たした。開幕9連敗という苦境からの脱出にもなる。当初の予定よりかなり後ろにずれたが、チームは徐々に成熟。6月に迎える大事な …続き (5/24)

少ないチャンスをものにし、サントリーはリーグ戦で敗れたパナソニックを下した

 今季のラグビー日本選手権を制し、2年連続の2冠を達成したサントリー。スローガンの「ステイ・ハングリー」の通りに1年間“飢え続ける”ことができたのには、理由があったようだ。
 「最後で取り切れなかったの …続き (1/19)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]