/

この記事は会員限定です

「黒船」も沈むヘッジファンド

米州総局 山下晃

[有料会員限定]

28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸して取引を終えた。取引時間中に石油輸出国機構(OPEC)が生産調整で合意すると伝わり、原油先物が急騰すると米国株も急伸。値動きの激しい一日となった。こうした変動の大きい環境で力を発揮するはずのヘッジファンドだが、金融危機以降、運用成績は振るわず今年も元気がない。

「ここまで来たか」。業界で驚きをもって受けとめられたのが欧大手ブレバン・ハワード・アセット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン