いちずな鍛錬、無心のすごみ DeNA筒香嘉智(中)

2016/10/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

江戸初期の沢庵禅師は剣術の要諦を説いた『不動智神妙録』の中で「住地」を戒めている。住地とは迷いや煩悩の原因となる執着心のこと。相手がどう攻めるか、それをどう避けて反撃するか。そう考えること自体、もう後手に回っている。執着を捨て、心身が自在に動く「不動智」、つまりは無心の境地に至るのが剣の修行なのだという。

打席では「白いボールただ打つだけ」

筒香嘉智の打撃論にもこれと通じるものがある。打席に立て…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]