/

この記事は会員限定です

プロの介護サービス、価値評価を 大友幸氏

日本再建イニシアティブ主任研究員

[有料会員限定]

高齢者介護の施設サービスには多くの専門人材が関わっている。介護保険の申請から施設への入居、生活支援と多くの人の手を経て、病院などと同様に総合的な支援プログラムが検討・提供される。一方、自宅での介護は少人数での家族ケアが主流となる。

現在の介護の基本的な考え方は在宅なので家族の協力が欠かせないが、専門知識の乏しい家族が重い負担をするのは酷だ。また介護には金銭では解決しない負担が存在し、家族ならでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン