/

この記事は会員限定です

若手に託す「次の日本」 経産次官の思い

新・産業創世記 ニッポンを生きる(3)

[有料会員限定]

デジタル技術の革新が世界の産業構造を揺るがす時代。日本の産業政策をつかさどる経済産業省はその大きな変革の波をどう捉えようとしているのか。気になるリポートが今年5月、同省で最上位の会議に位置づけられる「産業構造審議会」の総会で提出されていた。名付けて「21世紀からの日本への問いかけ」。菅原郁郎事務次官と30歳前後の若手約30人がまとめた非公式な提言書という。「大企業の取締役会に30歳前後の社員が私...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン