2018年11月19日(月)

マラソンの季節 心拍計という「鬼コーチ」に伴われ
編集委員 吉田誠一

(1/3ページ)
2016/9/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

本格的なマラソンシーズンの開幕が迫り、私はいま、受験生のような心境になっている。夏の間のトレーニングの成果はちゃんと出るだろうか。というより、トレーニングの進め方は正しかったのだろうか。

白鷹若鮎マラソン(山形)のハーフマラソンに臨んだ。今季フルマラソンの初戦を控えた最後の実戦トレーニングだ

白鷹若鮎マラソン(山形)のハーフマラソンに臨んだ。今季フルマラソンの初戦を控えた最後の実戦トレーニングだ

今季のフルマラソンの初戦となる新潟シティマラソン(10月9日)までわずか2週間。「わくわくする」というより、胸に「大丈夫なんだろうか」という不安が芽生えている。

本番が迫ると、いつも「やっていなかったこと」「できなかったこと」が次々と頭に浮かんできて、「やってきたこと」を圧倒してしまう。

この夏は、負荷を掛けるポイント練習の軸をインターバルトレーニングにしてきたため、レースペースで一定の距離を走るペース走がおろそかになった。

9月上旬になってからペース走(1キロ=4分40秒)に手をつけたが、長く走り続けることができず、いつも4~5キロでペースダウンした。30キロ走は一度もしていない。8月末に出た10キロのレースも、想定していた記録が出なかった。振り返ってみると「できていないこと」だらけではないか。

受験生のように悩んで臨むシーズン

よって胸の中で悲観的な感情が膨らむ。ランニングは単なる趣味だというのに、どうして受験生のように、こんなに悩まなくてはならないのだろう。

しかし、趣味だからといって、中途半端な力の入れ具合で続けていたのでは面白くない。悩み苦しむからこそ楽しいのではないか、とも思う。

なんていうことを考えながら、9月22日、新潟シティマラソンに向けた最後の実戦トレーニングである白鷹若鮎マラソン(山形)のハーフマラソンに臨んだ。

白鷹町は米沢市の北にある山あいの町。視界いっぱいに広がる稲田の黄金色が目にしみる。曇天なのが残念だが、心が洗われる。来てよかった。

ウオームアップ中に近所のおばあさんから「ごくろうさまでございます」などとねぎらいの言葉をいただき、心が温かくなる。東北地方の小さな大会ではこういうことがよくある。

小学生の2キロの部には沿道に応援の家族が集まってにぎわう。大会に飾り気はないが、手作り感がある

小学生の2キロの部には沿道に応援の家族が集まってにぎわう。大会に飾り気はないが、手作り感がある

学年別に競う小学生の2キロの部ではゴール前の沿道に応援の家族がぎっしり集まり、にぎわっている。町民運動会のようなものだ。

大会に飾り気はないが、手作り感がある。都市型の大規模マラソンと違い、参加人数が驚くほど少ないのでトイレに長時間、並ぶこともないし、スタート直後に渋滞することもなく、ストレスを全く感じない。

コースは日本陸連の公認で、ハーフマラソンは51回目という歴史がある。男子のエントリー数は171人。ゼッケンナンバーで年齢がわかるようになっていて、400番台の50歳代が52人と最多。40歳代が43人、60歳代が36人と中高年が大半を占めている。

気温は20度前後で走りやすいコンディション。午前10時5分、大げさな演出はなく、静かにスタート。トップ級のランナーは急加速して、すぐに見えなくなってしまったが、私の前をいくランナーはかなり少ない。こんな前のほうを走っていていいのだろうか。いつもと勝手が違い、戸惑った。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

コラム「ランナー集まれ」

コラム「美走・快走・楽走」

コラム「ワイルドレース戦記」

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報