2018年11月21日(水)

信金、自治体預金に助け舟 さらなる緩和に不安のぞく

2016/9/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マイナス金利政策でお金の預け先に苦慮する自治体に助け舟を出した金融機関がある。信用金庫だ。アベノミクス効果で地方税収は7年連続で増えそうだ。だが預金を抱え込むと日銀にマイナス金利分の支払いを求められる銀行は受け入れに消極的。なぜ信金だけが対応できるのか。

都内のある大手信金には取引実績のない自治体からも問い合わせが殺到している。同信金の公金向け預金の金利は年0.02~0.03%。「自治体の公金は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報