/

この記事は会員限定です

金融庁が旗振り役 金融機関の「顧客本位」とは

[有料会員限定]

「フィデューシャリー・デューティー(FD)」。こんな耳慣れない専門用語が金融機関を震え上がらせている。信託業務などで顧客から信頼され専門性の高いサービスを提供する「フィデューシャリー(=受託者)」に課せられた「デューティー(=義務)」という意味を持つ。金融庁は広く解釈し、金融機関に「顧客本位」の経営を実行しているかを問う旗印に掲げている。

「『義務』という言葉は英米では何らかの責任を負う意味で使わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン