リオの熱気

フォローする

日本銅メダル、新たな歴史 車いすラグビー
発祥のカナダ破る

2016/9/19 3:30
保存
共有
印刷
その他

南米の地で、車いすラグビー日本代表が新たな歴史をつくった。18日に行われた3位決定戦で、世界ランク3位の日本は同4位のカナダに52-50で勝ち、パラリンピック史上初の銅メダルを獲得した。前日の準決勝での痛い敗戦から立て直しての勝利に、主将の池は「喜びを止められなかった」とむせび泣いた。

車いすラグビーの3位決定戦でカナダ選手と競り合う池崎(右)=寺沢将幸撮影

車いすラグビーの3位決定戦でカナダ選手と競り合う池崎(右)=寺沢将幸撮影

戦術がずばりとはまった。カナダのエースは障害が軽い持ち点3.5のザック・マデル。力強い車いす操作で縦横無尽に走り回る。ボールをもたせたら手がつけられない。

そこで日本はカナダのスローインの際、ボールが渡らないよう、3人でマデルに徹底的にプレッシャーをかけ、ほかの選手がボールを受け取るように仕向けた。その選手はマデルより障害が重いので、そこからのパスやランなら止められる可能性がある。第1ピリオド、思惑通りに、スローインからの展開で4つのターンオーバーを奪い、17-13と先行。試合の流れを一気に引き寄せた。

攻撃も融通むげだった。エース池崎の力強い走りに頼るだけではなく、常に池と池崎がスペースを見つけてパスの交換をしながら序盤から得点を重ねていった。「がんがんいって体力を消耗して流れをつくれなかったら不利になる。ならば淡々とミスなくゴールをして、チャンスが来た時に当たりに行き、流れができたときに一気に行こうと」と池崎。その言葉通り、日本は第2ピリオド2分近くが過ぎるまで、一切ミスがなく、ターンオーバーを許さなかった。

ベンチワークも見事だった。流れの悪い失点が出るとすかさずタイムアウトをとったり、迷いなく選手を入れ替えたりした。若山は「今大会一番だった。すべてタイミングが絶妙だった」。

今の日本の車いすラグビーは、2013年から翌年までヘッドコーチを務めたカナダ人のアダム・フロスト氏の教えをベースにしている。車いすラグビー発祥の地でもある、そのカナダに大舞台で勝っての銅メダルに荻野ヘッドコーチは「アダムから教わったことがあるので今がある。力があがっているのが今日わかった」と感慨深げだ。

勝利が決まった瞬間、池崎は持っていたボールをアリーナの天井にむけて思い切り打ち上げ、コートにあおむけに倒れ込んだ。後は仲間たちと肩を組んで涙、また涙。4年前のロンドンでは3位決定戦で敗れて悔し涙を流した。今回は逆の結果でのうれし涙に「日本の車いすラグビーが世界に通用するという魅力が伝わったと思う。1番2番を目指してまたゼロからスタートです。次こそ期待にこたえる日本代表でありたい」。早くも頂点への決意を語った。

(摂待卓)

リオの熱気をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

リオの熱気 一覧

フォローする
車いすラグビーの3位決定戦でカナダ選手と競り合う池崎(右)=寺沢将幸撮影

 南米の地で、車いすラグビー日本代表が新たな歴史をつくった。18日に行われた3位決定戦で、世界ランク3位の日本は同4位のカナダに52―50で勝ち、パラリンピック史上初の銅メダルを獲得した。前日の準決勝 …続き (2016/9/19)

5日間で5種目に出場した木村。「トータルでは悔しい大会」=寺沢将幸撮影

 競泳男子200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)で、木村敬一(東京ガス)は2分28秒76で4位に終わった。5日間連続のメダル獲得はならなかったが、自己ベストを更新した。
 5日間で5レースという …続き (2016/9/17)

米国に惜敗、池崎(右)は「もう少し、もう少し(だった)」と悔しそう=寺沢将幸撮影

 車いすラグビーは16日、1次リーグ最終戦が行われ、B組で世界ランク3位の日本は同1位の米国と延長戦の末、56―57で敗れた。2勝1敗で2位通過となり、17日の準決勝はA組1位で世界ランク2位のオース …続き (2016/9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]