ソフトバンクとみずほ、フィンテックの合弁会社設立

2016/9/17 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

みずほ銀行とソフトバンクは、フィンテックを活用した個人向け融資サービスの提供を目的とした合弁会社を設立する。資本金は50億円で、両社が50%ずつ出資する。

新会社は、貸金業の登録を前提とし、2016年11月に設立、2017年前半の事業開始を目指す。「店舗を持たないローコスト運営」や「新しいブランドの創造」を基本方針とし、AI(人工知能)によるデータ分析や両社の持つビッグデータなど、両社の技術やノ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]