スポーツ > ニュース > 記事

自転車・鹿沼、信頼の銀 相棒田中の先導に感謝
女子タンデム個人ロードタイムトライアル

2016/9/16 3:30
保存
共有
印刷
その他

「火事場のバカ力」の意味は誰もが知っていても、目の当たりにする機会はそうそうない。14日にあった自転車の女子タンデム個人ロードタイムトライアル(視覚障害)に出場した鹿沼由理恵(楽天ソシオビジネス)のレースはその慣用句通りの展開で、銀メダルを獲得した。

笑顔で寄り添う鹿沼(右)と田中=寺沢将幸撮影

笑顔で寄り添う鹿沼(右)と田中=寺沢将幸撮影

15キロを2周する海沿いのコース。スタート直前、2人乗りのタンデム自転車の前に乗るパイロットの田中まい(日本競輪選手会)が、11段変速の電動ギアが動かず、一番重いギアに入ったままと気づく。田中は「一瞬焦ったが、ここで騒いでもしょうがない。これでいくしかない」と腹を決め、後ろに乗る弱視の鹿沼に伝えた。

今回のコースで大きなカーブは6カ所。カーブの入り口で減速したあと、立ち上がりでは軽いギアから始めて徐々にトップスピードに上げるのが常道だ。そこで重いギアに入ったままだと足に負担がかかるが、「コーナーからの立ち上がりで慎重に入ってくれた。彼女の技術のおかげ」と鹿沼は田中に感謝しきり。

田中も「苦しまないと絶対メダルはとれないと思ったので死ぬ気で臨んだ」。冬季パラリンピック・バンクーバー大会のノルディックスキー距離で7位に終わり、自転車へ転向した鹿沼のメダルへの渇望を知っているだけに、あきらめなかった。その結果が39分32秒92の2位。今回のトラック種目で銅、金メダルを1つずつとった英国ペアをわずか0秒89かわした。

権丈泰巳監督は「逆にあのギアだから記録が出たのかもしれない。精神的な部分でカバーすることが人間ってあるから。トラブルがわかり、最初から彼女たちは攻められたのではないか」。

「災い転じて福となす」も地でいく見事な銀メダルだ。

(摂待卓)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 2024年と28年の夏季五輪をパリとロサンゼルスで開催するのが確実となった。両都市での開催はともに3回目と、ロンドンに並びトップに立つ。夏季、冬季を合わせて五輪を2回以上の開催(予定含む)は東京を含 …続き (1日 13:22)

 2024年と28年の夏季五輪をパリとロサンゼルスで開催するのが確実となった。両都市での開催はともに3回目と、ロンドンに並びトップに立つ。夏季、冬季を合わせて五輪を2回以上の開催(予定含む)は東京を含 …続き (1日 13:22)

 【ジュネーブ=原克彦】国際オリンピック委員会(IOC)は31日、2028年夏季五輪の開催都市をロサンゼルスに決めたと発表した。IOCは24年大会に立候補しているロサンゼルスとパリを、24年と28年に …続き (1日 9:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]