リオの熱気

フォローする

銀の藤田「ほっとした」 3大会連続メダル

2016/9/15 9:26
保存
共有
印刷
その他

自転車の男子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C3)で藤田征樹(日立建機)が2位に入り、パラリンピック3大会連続、5つ目のメダルを獲得。これまで手にしていない金ではないものの「ほっとしています」。トラック競技ではかなわなかったメダルに手が届いた安堵感をにじませた。

自転車男子個人ロードタイムトライアルで力走する藤田(左)。3大会連続5つ目のメダルを獲得=寺沢将幸撮影

自転車男子個人ロードタイムトライアルで力走する藤田(左)。3大会連続5つ目のメダルを獲得=寺沢将幸撮影

両足義足の藤田が最後の力を振り絞ってゴールラインを切ると、頭上の掲示板には39分30秒41で「1位」と表示された。だが2分後、藤田より遅くスタートしたライバルのクリフォード(アイルランド)が38分21秒79でフィニッシュし、2位に落ちる。

藤田よりも1分以上速いタイムで、「世界選手権王者で尊敬できる選手に負けたということで、納得しています」と淡々と話した。2カ月前のワールドカップ(W杯)でライバルは不調。藤田が優勝していたが、パラリンピックの場で見事にリベンジされた。

海沿いの15キロを2周するコースはフラットで「自分が勝負できるコース」。だが海風も強く、海外勢に比べて小柄な藤田でも抵抗を受ける。パワー勝負となり、「力負け」と認めるしかない。それでも勝負どころとみた最後の5キロでペダルを強く踏み込むことはでき、「準備してきたことは出せた」と胸を張った。

実直な性格のこの人らしく、「世界一にはなれなかったけど、強い相手に負けた胸をはれる結果と(周囲に)報告したい」と話した時は涙声だった。(摂待卓)

リオの熱気をMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

リオの熱気 一覧

フォローする
車いすラグビーの3位決定戦でカナダ選手と競り合う池崎(右)=寺沢将幸撮影

 南米の地で、車いすラグビー日本代表が新たな歴史をつくった。18日に行われた3位決定戦で、世界ランク3位の日本は同4位のカナダに52―50で勝ち、パラリンピック史上初の銅メダルを獲得した。前日の準決勝 …続き (2016/9/19)

5日間で5種目に出場した木村。「トータルでは悔しい大会」=寺沢将幸撮影

 競泳男子200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)で、木村敬一(東京ガス)は2分28秒76で4位に終わった。5日間連続のメダル獲得はならなかったが、自己ベストを更新した。
 5日間で5レースという …続き (2016/9/17)

米国に惜敗、池崎(右)は「もう少し、もう少し(だった)」と悔しそう=寺沢将幸撮影

 車いすラグビーは16日、1次リーグ最終戦が行われ、B組で世界ランク3位の日本は同1位の米国と延長戦の末、56―57で敗れた。2勝1敗で2位通過となり、17日の準決勝はA組1位で世界ランク2位のオース …続き (2016/9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]