中国人部下のやる気を出す組織とは
水野コンサルタンシーホールディングス社長 水野真澄

(1/2ページ)
2016/9/15 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

起業独立して8年が経過した。自分の会社をつくって一番良かったのは、部下を子会社の社長にできることだ。現在私の会社は6カ所・8拠点、ほとんどの組織で部下が一部を出資し、総経理(社長)となっている。この仕組みがなければ、今ほど円滑に組織を運営できなかった。今回は、中国人部下や幹部のやる気を引き出すために、私が心がけていることをお伝えする。

■地位が人を変える

私が総合商社の中でコンサルティングを開始し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]