日経サイエンス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

発見「超銀河団」 浮かび上がる宇宙の巨大さ

2016/9/24 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経サイエンス

 我々の銀河系はこれまでの予想をはるかに上回る「ラニアケア超銀河団」という巨大な構造の一部であることがわかってきた。数億光年という広大な領域に10万個の大型銀河が散らばって構成するという、想像を絶するほどの超巨大さだ。

■銀河の動きから判明

多数の銀河からなる銀河団は宇宙の大規模構造を形作る構成要素で、この画像は「かみのけ座銀河団」。1000個ほどの大型銀河の集まりで、地球から3億光年以上離れた場所にある。かみのけ座銀河団は「かみのけ座超銀河団」というさらに大きな構造の一部で、その超銀河団はラニアケア超銀河団の外側に位置している。画像提供はNASA, ESA and Hubble Heritage Team STScI/AURA
画像の拡大

多数の銀河からなる銀河団は宇宙の大規模構造を形作る構成要素で、この画像は「かみのけ座銀河団」。1000個ほどの大型銀河の集まりで、地球から3億光年以上離れた場所にある。かみのけ座銀河団は「かみのけ座超銀河団」というさらに大きな構造の一部で、その超銀河団はラニアケア超銀河団の外側に位置している。画像提供はNASA, ESA and Hubble Heritage Team STScI/AURA

 地球は太陽系の惑星の1つで、太陽系は天の川銀河を構成する渦巻きの腕の1つ「オリオン腕」に位置する。天の川銀河は50を超える近くの銀河とともに約700万光年の範囲に集まった「局部銀河群」の中にあり、局部銀河群は5000万光年離れた1000以上の銀河が作る「おとめ座銀河団」のはずれに位置する。そしておとめ座銀河団は、1億光年の範囲に数百の銀河団が集まった「局部超銀河団」の一部になっている。

 ここまでは天文学の研究で明らかになっていた事実で、それ以上のスケールで見ると、局部超銀河団が密接に関係するような構造は存在していないと考えられていた。ところが最近、局部超銀河団はさらに大きな超銀河団の一部にすぎないことが米ハワイ大学を中心とするグループの研究でわかってきた。

 研究グループは、これまで発表されている銀河に関する多数の観測データを組み合わせて総合的に解析、天の川銀河から6億5000万光年の範囲にある約8000個の銀河について、それぞれの位置と動きを調べたところ、膨大なデータに隠れていた予想外のパターンが浮かび上がった。4億光年を超える領域に散らばっている約10万個の大型銀河が一緒になって動いていたのだ。この銀河の大群全体が、1つの超銀河団を形成している。

 この超銀河団は「ラニアケア超銀河団」と名づけられた。ラニアケアはハワイの言葉で「無限の天空」を意味し、星を頼りに広大な太平洋を航海した初期のポリネシア人にちなむ。天の川銀河はラニアケア超銀河団の中心から遠く離れた辺境に位置し、ラニアケアに隣り合う「ペルセウス座・うお座超銀河団」との境界近くにある。

 この巨大な超銀河団の構造と動態を調べることで、銀河の形成と成長に関して理解が深まるほか、宇宙の全物質の約80%を占めると考えられている目に見えない「暗黒物質」の性質も明らかになってくるだろう。宇宙の加速膨張を生じさせている謎の存在、「暗黒エネルギー(ダークエネルギー)」を解明する新たな手がかりが得られる可能性もある。

(詳細は24日発売の日経サイエンス2016年11月号・創刊45周年記念号に掲載)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経サイエンスをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経サイエンス


【PR】

日経サイエンス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

FOREAL

「過去」を変える実験 見えてきた記憶のメカニズム

 突然丸い部屋に入れられ、両足にビリッと電撃を食らった。それ以来、そこは恐怖の場所になった。だが、実はそれは本物の記憶ではなく、作られたフェイクの記憶だった──。そんなSF映画さながらの記憶の操作が可…続き (9/30)

完成したプルシアンブルーで描いた「ルリハタ」の図

「若冲の青」を再現 18世紀の製法、豚レバーから

 自然界の動植物を緻密な表現で描き出した江戸時代の絵師、伊藤若冲は、当時日本に入ってきた西洋の新しい顔料「プルシアンブルー」を、いち早く日本の絵画に用いたことでも知られる。代表作「動植綵絵(さいえ)」…続き (9/8)

東日本の海底地形図。下北半島沖から房総半島沖まで南北に走る濃い青色の場所が日本海溝。画像提供は海洋台帳(海上保安庁)

海上保安庁

日本列島誕生の謎に新理論「日本海溝移動説」

 東日本大震災をもたらしたマグニチュード9の東北地方太平洋沖地震は日本海溝付近で起き、周辺の深海底や東日本の太平洋沿岸域が変動した。ただ、長い時間スケールでみれば日本海溝そのものは不動の存在だと多くの…続き (8/26)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月19日(木)

  • 「監視社会」として先進国の先を行く中国 ファーウェイ幹部が語ったパブリックセーフティーの現状
  • シャンタヌ ナラヤンCEOが語るAdobeの「いま」と「これから」
  • 10代女性のSNSは異次元、5Gアプリ委員会の調査で判明

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月19日付

2017年10月19日付

・オプト、VRやARの履歴データ収集 販促に活用
・Wi―Fiに深刻な欠陥 IoT機器各社、調査急ぐ
・車いすの安全、AIが守る 上智大が技術開発
・大阪ソーダ、UVインク用樹脂 量産 プラスチック包装材向け
・図式で変わる製品設計 モデルベース開発、複雑な構造も円滑に…続き

[PR]

関連媒体サイト