/

この記事は会員限定です

「勉強のプロ」に学ぶ 忙しい人の省エネ記憶術

[有料会員限定]
日経ビジネスアソシエ

勉強のための「まとまった時間」を取りにくい社会人は、目的や目標がはっきりしないと、勉強が長続きしない。そんな人は、資格や検定試験の合格をゴールに設定するといい。真剣に学ぶ機会を作ることで、記憶力のアップが期待できる。

「勉強時間が少なくても大丈夫です。むしろ、限られた時間の中で集中して学ぶ方が効率的。忙しいビジネスパーソンは、短期勝負型の"省エネ記憶術"が向きます」

こう語るのは、行政書士や気象予...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン