Jリーグは生まれ変わる まずは組織の大改革

(1/2ページ)
2016/9/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

11月1日、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の法人設立から25周年を迎える。10クラブで発足したリーグはJ1~J3の53クラブ編成へと成長した。

発足当初のブームが去り、各クラブが身の丈の経営を目指した時代があり、有力選手が欧州の各国リーグに渡るようになった。

熱烈なサポーターの声援に手を振る浦和イレブン。Jリーグは今こそ足元を固め直す時期だ=共同

熱烈なサポーターの声援に手を振る浦和イレブン。Jリーグは今こそ足元を固め直す時期だ=共同

発足から4半世紀を経て、Jリーグを取り巻く環境は大きく変化し、デジタル化、国際化といった時代の速い流れに迅速に対応しなければならない時代が来ている。

Jリーグはいまこそ、足元を固め直し、組織改革を進め、再成長を目指さなくてはならない。

Jリーグには各事業をサポートする関連会社が6社ある。そのうちの一つであるジェイリーグエンタープライズの株主は「オリジナル10」と言われるリーグ発足当初のクラブ(横浜フリューゲルスを除く)でいまだ構成されている。また、メディアがこれだけ多様化しているのに、Jリーグメディアプロモーションの株主は会社設立当時の顔ぶれのままだ。

これまでは、それぞれの会社に社長がいて、それぞれが社員を採用していた。トップが別なので関連会社のベクトルを合わせにくく、職場がたこつぼ化し、社員のキャリア開発面でも問題があった。関連会社をここまで切り分けてもメリットは少なく、むしろ6社の間でフレキシブルに人事交流をしたほうがいい。

ヒト、モノ、カネの一元化の先にあるもの

今年4月、保険会社のジェイ・セイフティを除く5社の社長を1人が兼務する体制にした。トップは1人でいい。さらに総務、経理、人事は共通のメンバーが6社分を担当するようにして、神経系統を統一した。これが組織改革の第1フェーズだった。

次に関連会社の株主構成を見直したい。株式の買い取り交渉を検討している段階だが、今後、目指すべき方向とベクトルを合わせたいと思っている。

Jリーグは英国パフォーム・グループと巨額の放映権契約を結んだ=共同

Jリーグは英国パフォーム・グループと巨額の放映権契約を結んだ=共同

改革の第3フェーズとして、来春には関連6社の上にホールディング会社を設立する計画だ。ここまでいくと、ヒト・モノ・カネを一元化してビジネスを進める事業会社の形が整う。

「スポーツを産業として発展させよう」という掛け声が大きくなっているが、そのためには激しい時代の変化をキャッチアップできる人材や技術集団が必要であり、そうした組織をマネジメントできるトップがいなければならない。

英国の動画配信サービス大手のパフォーム・グループと10年で総額2100億円の放映権契約を結んだのを機に、今後は試合の中継のための映像をリーグ主導で制作する。そのためには専門のエンジニアやプロデューサーを擁する必要がある。デジタルインフラの整備のためにも専門家が必要だ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップ



[PR]