2019年7月17日(水)

被災地で防潮堤引き下げの動き、地盤隆起を反映

2016/9/10 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災で沈下した地盤がその後、隆起していることを受け、宮城県は建設予定の防潮堤の高さ引き下げを検討する。2017年2月に国土地理院が改定する水準点の高さに基づいて決める。

県内では2016年4月、気仙沼市が県の防潮堤と接続しない10カ所程度で引き下げの意向を明らかにしている。県が見直しの方針を示したことで、市は引き下げの検討対象を県の防潮堤に接続する箇所にも拡大。さらに、石巻市など他の沿岸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。