トヨタの次世代店、IoT駆使してお出迎え
工場の外までトヨタ流(下)

(1/3ページ)
2016/9/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車の工場といえば、「JIT(ジャスト・イン・タイム)」でのものづくりが有名だ。ところが車両が工場を出た後、販売店で顧客に納車されるまでの間には多くの滞留(ムダ)が存在する。そこでトヨタは販売店と共同で「TSL(トヨタ販売物流改善)」と呼ばれる物流改革を推進中だ。IoT(モノのインターネット)をキーワードに、TSLはここ2年で劇的な進化を遂げている。全2回の連載で、名古屋トヨペットを舞台…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]