/

人を育てなければ日本サッカーの未来はない

8月4日に決勝が行われた第40回日本クラブユース選手権で大会得点王になったのは中学3年生の久保建英選手(FC東京、5ゴール)だった。クラブユースは18歳以下の選手が対象だから、まさに"飛び級"での活躍。どうしたらこういう選手をもっと輩出できるのか。人を育てることの大切さと難しさに真剣に向き合わなければ、日本サッカーに未来はないだろう。

日本クラブユース選手権大会で得点王に輝いた中学3年生の久保=共同

ゴール取る才能持つ久保、着実に成長

久保選手は今月、インドで行われるU-16(16歳以下)アジア選手権の日本代表にも選ばれた。FCバルセロナの下部組織で育ちながら、海外移籍の低年齢化を憂えた国際サッカー連盟(FIFA)の規則変更により、日本に戻ってプレーすることを余儀なくされた。せっかくの好環境から切り離され、彼の行く末を案じた時期もあったが、FC東京で着実に成長しているのを見て、うれしくなった。

サッカーというゲームは究極、ゴールを取ること、取られないことが大事。久保選手は前者のゴールを取ることに関して素晴らしい才能を持っている。といっても生粋のストライカータイプではない。元日本代表監督の岡田武史さんが1998年のワールドカップ(W杯)フランス大会の監督を務めたとき、当時18歳の小野伸二(現札幌)を本大会に連れて行った。1次リーグ3戦目のジャマイカ戦で出場まで果たした小野は翌年、U-20W杯ナイジェリア大会に準優勝するチームの大黒柱になってくれた。大人のW杯を経験していたせいか、もう余裕が全然違ったのだ。当時のフィリップ・トルシエ監督もアシスタントコーチだった私も、落ち着き払った小野をどれほど頼りにしたかわからない。

今の久保選手を見ていると、あの頃の小野を思い出してしまう。バルサで鍛えられたおかげで日本の選手が間合いを必死に詰めてもたいしたことはないと感じられる。守る側は1人でボールが取れないと分かると、2人、3人と数を増やしていくが、久保選手にはそれを逆に「チャンスだ」と思えるくらいの余裕がある。それだけ自分がマーカーを引きつければ、フリーになっている味方は確実にいるからそこにパスを出せばいい。自力でその包囲をくぐり抜けると、もっとビッグチャンスになるからドリブルで仕掛けてみようか。そういうプレーの選択を自然体で楽しむような雰囲気さえある。ゴール前での決定力が高いのもシュート選びに落ち着きがあるからだろう。

そんな久保選手を、育成年代のコーチをしている同業者と見ていると「やっぱりボールを完璧に止めて、蹴ることができるのは大切ですよね」と感想を述べてきた。私の感想はちょっと違った。

「ボールを止めて蹴る、のレベルが違う。高い技術を土台にして、周りを見る、判断する、の質を追求する段階にすでにいる。見る相手は味方だけではなく、相手チームのこともしっかり見ている。対戦相手が何をしようとしているか、相手の監督の指示までキャッチして見抜く材料にしているように見える」

サッカーはスペースと時間をつくりながらゴールに迫る競技だが、守る側はスペースを消そうとするし時間は削ろうとする。ボールを持たない守備側は、ボールを運ぶという制約がない分だけ動きの強度を高めることができる。それが圧倒的なボールポゼッションを誇っても攻めあぐむ現象が起こる理由の最たるものだが、その壁を乗り越えてゴールを奪おうとしたら、平素から相当な強度や密度を伴った練習をさせる必要がある。

久保はFCバルセロナで育ち、鍛えられた=共同

FCバルセロナで育った久保選手は、まさにそういう環境の中でたっぷり鍛えられる時間があったのだろう。五感をフルに活用し、相手との駆け引きに頭を絶えず使い続けるような練習を増やさないと、こういう選手は育ってこない。邪魔をする敵も置かずに、見かけだけは美しく流れていく練習を「もっと速く」「もっと強く」という指示だけ出して、いくらやらせても、試合に役立つ本物のうまさは身につかないと思う。

仕事柄、育成年代の指導の現場を見て回り、参考意見を求められ、実際に短期のコーチを務めることもあるが、しばしば見かけるのが「これは本当に選手を育てることにフォーカスされているのか」という練習である。コーチは伝えることに一生懸命になっているのだが、伝えたことと伝わったことのギャップが大き過ぎたりする。練習の形ばかりにこだわって伝える中身がぼやけていると感じることもある。

原則に固執、選手の柔軟性そぐことも

「引いた相手を崩すにはサイド攻撃が一番」という原理原則を教えるのは悪くないが、サッカーの試合では原則からあえて外れることでゴールへの糸口が見つかることがある。原則論に固執すると、それ以上のことができなくなってしまう。

8月25日に決勝が行われた第47回全国中学校大会は青森山田が優勝したが、試合の均衡が崩れたのは暁星国際(千葉)のエースがドリブルで仕掛けたところでボールを奪われ、逆襲のカウンターを食らって先制点を奪われてからだった。

見かけ上は「その子が、そこで、そんなドリブルを無理にしなければ」という話になる。叱責の対象になるのかもしれない。しかし、私の考えは違う。そこでその子のドリブルが成功していれば、間違いなくビッグチャンスとなり、逆に暁星国際が先制していたかもしれなかった。そこはしっかり評価したいと思うのである。

「あそこでのおまえのトライは素晴らしかったよ。チャレンジしたその判断は間違っていない。抜けていたら1点だったな。でも、おまえのミスが失点につながったのも確かだ。そこはしっかり受け止めろ。未来はあるのだから下を向くな」

私ならこう励ますと思う。局面、局面で何が正解かは分からないのがサッカー。結果論で選択の間違いを責めるのは簡単だが、ただ責めるだけでは選手が原則を守るだけの幅の狭い選手になってしまう。それでは「意表を突く」「予想を裏切る」「逆を取る」というゴールを奪う際に最も必要な要素がどんどんプレーから排除されてしまう。

人を育てるには、論理一辺倒ではなく、感情面にも働きかけることが大事だと思っている。感情に訴えて、敗北の後でも、前向きなエネルギーを引っ張り出すこともコーチの大切な仕事だろう。

判断の処理能力を速くすることは日本代表にも必要だ=共同

中学校サッカー部最強チームを決める全中の決勝の1日前には、U-15のクラブ最強チームを決める第31回クラブユース選手権が行われ、清水エスパルスが優勝した。準優勝はJFAアカデミー福島で、ベスト4にはほかに三菱養和とコンサドーレ札幌が食い込んだ。今回は47都道府県代表の中にJクラブのアカデミーを押しのけて町のクラブが代表権を獲得したところもあった。

JFAアカデミー福島が決勝に進んだ理由を考えると、一つは、東日本大震災の後、静岡に活動拠点を移したことが挙げられそうだ。福島にいたころはJFAアカデミー福島がどうしても断トツになって競り合う相手に恵まれなかった。静岡では、どんな大会に出るにしろ、県予選というハードルを越えなければならない。清水やジュビロ磐田、アスルクラロ沼津といった相手と1試合1試合、質の高い、ぎりぎりのところでの勝負が待ち受けているから負荷がかかって成長を促したのだと思う。

それに加えて今年の夏は、U-15選手権に参加する直前まで、JFAアカデミー福島はドイツ遠征に行っていた。ブンデスリーガの下部組織に最初は球際で圧倒されて大敗したが、連戦するうちに体で覚えたものがあったらしい。ブンデスのプレス、間合いに慣れて日本に帰って来て、U-15の大会に出たら、肉体的にはきつかったけれど、サッカーに関しては余裕を持ってプレーできたようだった。

JFAアカデミー福島くらいのチームになると0-7で大敗する試合など日本国内ではなかなかつくれない。人間、想定外のショックとか、強い刺激を受け続けることで、つながる神経細胞があるというが、サッカー選手もまた、想定内の試合をいくら繰り返しても一流選手になるための神経細胞は発達しないのだ。

密度と強度ある練習、日常から欠かせず

サッカー選手は、敵味方の複雑な動きを情報として目から取り込みながら、大量かつ一斉に処理して適切な判断を下す、頭脳を持たなければならない。いわば、筋肉も大事だけれど、神経を鍛えるような、刺激的な練習や試合が必要なのである。特に成長期には。

元日本代表監督のイビチャ・オシムさんは千葉や日本代表の監督時代に、複数の色のビブスを選手に着せて、複雑なルールを設けて練習させたが、あれなども"神経系"に訴える練習だった。

日本ではスピードの話をすると、すぐにフィジカルの話になるが、判断の処理能力を高速化することで相手より半歩前、一歩前に出ることは可能だろう。「前に蹴って走れ」みたいな練習とは対極のトレーニングを育成年代から積むことで、日本サッカーはもっともっと強くなれるだろう。

人を育てるのは「教える」という程度では全然足りないと思う。眠っていた才能が呼び覚まされるような刺激を与え続けるべきだと。たった3、4週間の夏休みで急激に伸びてたくましくなったU-15の選手を見ていると、そう痛感するのだ。

要は密度と強度。その二つが欠けた日常から、いいものは決して生まれない。

(サッカー解説者)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン