楽天球団がVRトレーニングシステムを導入

2016/9/7 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTデータは2016年9月5日、VR(仮想現実)技術を用いたプロ野球選手向けトレーニングシステムを発表した。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着すると、あたかも自身が実際のバッターボックスにいるかのような状態となり、投手の投球を仮想体験できる。プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」を運営する楽天野球団がファーストユーザーとして2017年シーズンから本格利用する。

ICT技術の進展…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]