2019年8月19日(月)

ボール任せ 風任せ

フォローする

ボールは見なきゃいけない? 見てはいけない?
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

2016/9/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

112年ぶりに五輪に復活したゴルフ。トッププロたちが怖がったジカ熱も今のところ発症報告はなく、男子はジャスティン・ローズ(英国)、女子は朴仁妃(パク・インビ、韓国)が金メダルを獲得し、ゲームも見ごたえのあるものとなった。

秋のシーズン到来。練習場は大にぎわい

秋のシーズン到来。練習場は大にぎわい

2016年のメジャー4戦もリオデジャネイロ五輪も終わり、海外ツアー好きのゴルファーには物足りない季節がやってきた。と同時に、暑さも峠を越え、今度はわれわれにとって絶好のゴルフシーズン到来である。練習場にコースに、「この秋こそは……」とバッグを担ぐ肩に力が入る。

万人が気にかけるポイントは2つ

テレビで見たトッププロたちのスイングが脳裏に焼きついている。大切なことも頭の中に入っている。ゴルファーそれぞれに気をつけなくてはいけないポイントがあり、何千万人もの"悩み"を合計すれば、たいへんな数になる。

中でも、ほぼ万人が気にかけるポイントは次の2つだろう。

「振り急ぐな。ゆっくりと」

「ボールから目を離すな」

1つ目の「スイングはゆっくりと」は、どのプロ、名人も口にする万国共通の格言・名言で、まさにスイングの核心を突く最高のアドバイスである。

一方、2つ目の「ボールを見ろ」は、「ステイ・ビハインド・ザ・ボール」とか「左目でボールを見ろ」(右利き)など、類似した言葉があるものの、実際には、反対に「ボールを見てはいない」と言うプロがたくさんいる。

「ボールをにらみつけているわけではない」

「なんとなくボールのあるあたりを見ている」

「ボールの位置を確認するだけ」

こんな声をよく聞く。

つまり、われわれ一般ゴルファーが「正しい」と思っている「ボールを見る」とは、かなりニュアンスが違うのだ。あるベテランプロはこう言う。

「アマチュアに『どこに気をつけていますか?』と聞くと、多くの人が『ボールから目を離さないようにしています』と答える。で、ショットしてもらうと、本当にボールを見ている。だから、『ボールを見てますね。だからスライスするんですよ』って言うんです」

これを聞いたアマチュアゴルファーはきょとんとするそうだ。そのプロは、さらにこう続けた。

石川遼のスイングは頭がしっかり残っている=共同

石川遼のスイングは頭がしっかり残っている=共同

スイング中に頭を動かさないことが鍵

「ボールを見よう――と思ってスイングしたら、『ボール』という言葉が頭の中にあるので、必ずボールの行方が気になってしまう。たとえインパクトの瞬間を見たとしても、そのままボールを追ってしまうから、体が早く開いてしまう。実際のスイングでは、さらに、ほとんどの人は打つより先にヘッドアップするので、スライスボールしか出ない」

では、ボールを見てはいけないのか、あるいは見る必要がないのか……。そのプロは「ボールを見ようとすることよりもっと大切なのは、スイング中に頭を動かさないこと。頭が動かなかったら体に一本の軸ができるので、クラブを振り抜ける」という。「頭を動かさないでスイングしても、下半身、腰、肩と回転してくれば、それにつられて頭も回転して顔は自然に前を向く。それがスイング」

ボールがある、ボールを打つという意識は捨てて、どっしりとしたアドレスをとって、「頭を動かさない」「頭を残す」ことだけに集中してクラブを振る。

でも、やっぱりボールの行方が気になるもの。

しかしそれは、ボール任せ、風任せ――。

ボール任せ 風任せをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
共同

 ちょうど1年後の8月1日・土曜日は、東京五輪前半の週末にあたり、日本中が熱く沸き返っていることだろう。
 ゴルフ競技は男子の3日目が行われているはずで、はたしてどんな展開になっているだろう。日本は誰が …続き (8/1)

ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

5本ならバッグもすっきり

 ハーフセットのクラブでゴルフを始められた人が多いのではないだろうか。
 ゴルフ規則で使えるクラブは14本までとされており、初心者はその半分の7本で十分――ということなのだろう。
 40年ほど前、ウッドは …続き (5/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。