2019年8月24日(土)

勝負はこれから

フォローする

楽天の改革着々 最年長・梨田監督の気配り采配
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2016/9/6 6:30
保存
共有
印刷
その他

星野仙一・球団副会長から「チームを立て直せるのは彼しかいない」と請われて楽天の指揮をとることになった梨田昌孝監督(63)。嶋基宏ら主力に故障者が相次いだこともあり、4位に沈んでいるが、転んでもただでは起きないのが、12球団最年長監督のしたたかさだ。

梨田監督(右)ならではの気配り采配で、チームとして機能してきた=共同

梨田監督(右)ならではの気配り采配で、チームとして機能してきた=共同

楽天は5日現在、54勝63敗3分けの勝率4割6分2厘。首位のソフトバンクからは18.5ゲーム差。3位ロッテとも8ゲーム差でクライマックスシリーズ進出も厳しい情勢だ。

後半戦、20勝18敗1分けと勝ち越し

5月に9連敗。その連敗中に嶋の骨折による離脱があった。新戦力と期待された外国人、ジョニー・ゴームズが鳴かず飛ばず、FA市場で獲得した今江敏晃もキャンプ中のけがで出遅れ、誤算が重なった。しかし、球宴以後の後半戦でみると20勝18敗1分けと勝ち越している。前半の出遅れさえなければ、と思われるほど、挽回してきている。

2年連続で最下位に沈んだ昨季は選手それぞれに求められることがはっきりせず、困惑したまま時が過ぎた感があった。今季は選手個々の立ち位置がはっきりし、自分のやるべきことに集中できているようにみえる。チームがやっとチームとしての体を成してきた。そこには梨田監督ならではの気配りがうかがえる。

キャンプがはじまってまもないころのこと。楽天がゴームズを獲得へ、という情報が流れた。楽天のフロントは「外国人も競争」という方針の下に、見込みのある選手なら何人でも獲得する方針だった。

現場としてはありがたいことなのだが、梨田監督には気になることがあった。ゼラス・ウィーラーはこれをどう受け止めるだろうか……。

一人の選手が加入するということは、既存の選手にとっては職場を奪われかねないことを意味する。外国人には出場制限があることから、ライバル選手の動向には敏感だ。特にゴームズはメジャー162本塁打の大物。メジャーではさしたる実績のなかったウィーラーが「格」で出番を決められてはたまらない、と疑心暗鬼になっても不思議ではなかった。

この情報に、やはりウィーラーは神経をとがらせたらしい。それをみてとった梨田監督はすぐに話をし、フォローしたという。昨年後半、実力を発揮しだし、ひそかに中軸にとあてこんでいた選手だから、ここは大事なところだった。

外国人選手を乗せることにもたける

ウィーラーは目下、4番としてなくてはならない戦力になっている=共同

ウィーラーは目下、4番としてなくてはならない戦力になっている=共同

ゴームズが途中帰国してしまったのに対し「結果第一」の起用に安心したウィーラーは目下、4番としてなくてはならない戦力になっている。2001年、近鉄で優勝に貢献したタフィー・ローズら、外国人選手を乗せることにかけてもたけている梨田監督らしい気遣いが生きたといっていい。

では、ゴームズの帰国は?ということになるが、打順も7番で負担のないところから始めるなど、最大限の配慮はしていた。帰国の理由も家族の問題とされ、楽天とは縁がなかったと思うほかないようだ。

新人内野手、茂木栄五郎らフレッシュな人材の登用など、梨田式のチーム改革のなかでも特に注目したいのが捕手の起用だ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
11日のロッテ戦で通算100本塁打となる6号2ランを放つ栗山=共同共同

 18年間、プロ野球の西武ひと筋でプレーしてきた栗山巧(35)が通算100号に到達した。1本の本塁打より、2本、3本の安打の方がうれしいと話すが、ライオンズの伝統を受け継ぐチームの顔の記念碑には、やは …続き (8/20)

西川は高めのボール球でもやすやすとスタンドまで運んでみせる=広島共同

 アマチュアの世界ではご法度とされる悪球打ちも、プロの世界では華麗なショーになりうる。今、その「曲打ち」の妙を楽しむなら、広島・西川龍馬(24)がお薦めだ。
 7月24日の中日戦。先頭打者として左打席に …続き (8/6)

19日のオリックス戦、中村は通算400号となる一撃で延長戦にけりをつけた=共同共同

 史上5位のスピード記録となる出場1611試合目にしての400号を放った西武・中村剛也(35)。パワー、技術が不可欠なのはもちろんだが、記録を可能にした一番の要素は、どんなときでも半端なスイングはしな …続き (7/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。