/

この記事は会員限定です

再エネ大国ケニア 電力の6割は地熱や水力

編集委員 松尾博文

[有料会員限定]

「全土で今後3年4カ月間に整備する電源の61%は再生可能エネルギーです」。ケニア発電公社の技術者が示す資料に驚いた。良く聞いてみると、いいかげんな話ではなさそうだ。同国の供給力に占める再生エネの比率はすでに6割。どうしてこんなことが可能なのか。

豊富な地熱資源、原発7基分が眠る

首都ナイロビから北西へ100キロメートルのオルカリア地区。山肌から白い煙があがる。地熱発電に使うための蒸気井だ。同地区だけで大小14プロジェクト、合計57...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1552文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン