2019年8月20日(火)

国交省悩ますANA・JALの空中戦

2016/9/6 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

航空業界と国交省の緊張が高まり始めている。公的支援を受けた日本航空(JAL)の新規投資や路線開設が解禁になる2017年4月を控え、ライバルの全日本空輸(ANA)が「まだ競争環境の格差が残っている」とジャブを放った。視線の先には20年の東京五輪前に実現する羽田空港の機能強化がある。ドル箱とされる国際線の発着枠が年3.9万回増えるのにあわせて政治を巻き込んだ発着枠の配分論争に発展するのは必至だ。

■「

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。