/

この記事は会員限定です

孫社長「アーム買収、ヒントをくれたのはジョブズ」

[有料会員限定]

3兆3000億円強の巨額で英半導体設計のアーム・ホールディングス買収を決めたソフトバンクグループ。孫正義社長はあらゆるモノがインターネットとつながる「IoT」時代への布石を打ったと話す。孫社長は日本経済新聞の単独インタビューに応じ、アーム買収の経緯や思い、経営哲学を語った。

ジョブズならどんなチップを使うか

――アームには10年ほど前から関心を持っていたとのことですが、なぜですか。

「ちょっと話は長くなるけど、当時はボーダフォン日本法人の買収を決めた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4549文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン