/

この記事は会員限定です

スー・チー外交、中国・インドを手玉 「建国の父」譲りか

[有料会員限定]

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問が、中国とインドを手玉にとっている。両大国に挟まれたミャンマーだが、その地政学的な位置を最大限に活用し、競争関係にある中国とインドからそれぞれ経済的利益を引き出そうとしている。その冷徹で巧みな政治手腕は、日本と英国との対立を利用して、ミャンマーの独立をなし遂げた父、アウン・サン将軍譲りだ。

中国、異例の歓待

8月17日、雨模様の北京国際空港に降り立ったス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン