ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

接合部に問題65% 不適格多い2000年以前の新耐震
「新耐震住宅」はなぜ倒壊したか(3)

(1/3ページ)
2016/9/5 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経ホームビルダー

 2016年4月に発生した熊本地震は、住宅業界に大きな衝撃を与えた。熊本地震を機に、これからの家づくりの在り方を考え直そうという人は多いだろう。連載第3回は、再び浮き彫りになった1981年~2000年に建てられた住宅の耐震性の問題点について触れる。

 4月に発生した熊本地震では、多くの戸建て住宅が被害を受けた。なかでも、2000年以降に接合部や耐力壁に関する告示が加わった建築基準法の新耐震基準(2000年基準)の木造住宅が大きな被害を受けたことから、現行の建基法の在り方を検討する議論も進んでいる。

 だが、もう一つ、木造住宅の耐震性における課題が熊本地震で再び浮上した。それは、建基法が改正された1981年から2000年までの間に建てられた住宅の問題だ。

 これらは1981年以降に建てられていることから新耐震と判別されるが、中には現行の基準である2000年基準を満たしていない、いわば、耐震性能における既存不適格の住宅がある。この、既存“耐震”不適格の木造住宅が、熊本地震で倒壊した。

■引き抜けた隅柱

(左)基礎の上に直接隈柱が設置されていたように見られる。写真の状況から推測すると、隈柱に対して、土台が両方から差し込まれていたようだ。(右)隈柱を見ると、端部に金物らしきものが残されているのが写真で確認できた。拡大すると、くぎが5本あるように見える。柱部分にも金物を留め付けているくぎらしきものがある(写真:日経ホームビルダー)
画像の拡大

(左)基礎の上に直接隈柱が設置されていたように見られる。写真の状況から推測すると、隈柱に対して、土台が両方から差し込まれていたようだ。(右)隈柱を見ると、端部に金物らしきものが残されているのが写真で確認できた。拡大すると、くぎが5本あるように見える。柱部分にも金物を留め付けているくぎらしきものがある(写真:日経ホームビルダー)

 上の写真は益城町で4月24日に撮影したものだ。日経ホームビルダー取材班が現地でヒアリングしたところ、1996年に完成した木造住宅だという。

 現場の状況などからの推測ではあるが、この建物では主に次のような特徴が読み取れた。

 左上の写真は土台部分を撮影したものだ。アンカーボルトは施工してあるが、ホールダウン金物は見当たらない。土台は2方向から隅柱に差し込まれ、隅柱は基礎の上に直接立つ、柱勝ちのようだ。

 この上部を見たのが同右上の写真だ。引き抜かれた隅柱をよく見ると、Zマークのかど金物(CP・L)のようなものが見える。金物に残された5本のくぎの位置などから推測すると、下の図のような施工状態だったと考えられる。

写真から推測したかど金物(CP・L)の施工状態(概略図)(資料:日経ホームビルダー)
画像の拡大

写真から推測したかど金物(CP・L)の施工状態(概略図)(資料:日経ホームビルダー)

 耐震改修などを数多く手掛ける金井工務店(埼玉県川口市)の金井義雄氏は、「隅柱の引き抜きへの対策が考慮されていなかった可能性がある。かど金物CP・Lの留め付け方が一般的なものではないなどの様子から、本来の耐力を発揮できなかったことも考えられる」と分析する。

 CP・Lの留め付け方は、日本住宅・木材技術センターが発行する「木造住宅用接合金物の使い方」を見ると、下の図の通りだ。図は隅部の留め付け例ではないので注意が必要だが、一般的には土台勝ちとして、L字の金物の長い方を上に、規定の間隔で留め付ける。

一般的なかど金物(CP・L)の施工状態(概略図)(資料:日本住宅・木材技術センター)
画像の拡大

一般的なかど金物(CP・L)の施工状態(概略図)(資料:日本住宅・木材技術センター)

 だが、この住宅が施工不良とも言い切れない。この当時は、国が定める明確な金物の規定がなかったからだ。「今は規定からどこに使うか明確に分かるが、当時の状況を考えると金物だけを見て良いか悪いかを判断できない」と日本住宅・木材技術センター認証部の担当者は指摘する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「外断熱」の死角 ロンドン高層ビル火災の教訓 [有料会員限定]

 外壁が急激に延焼した2017年6月のロンドンでの高層ビル火災を見て、日本の防災専門家の多くが既視感を覚えた。過去にも中国や中東などで高層建築の外装材が炎上する火災が発生していたからだ。いずれにも外断…続き (9/13)

ニトリのロボット倉庫で見えた物流無人化の未来 [映像あり][有料会員限定]

 大量の製品が並ぶ棚の周りを歩き続け、ときには重い荷物を持ち上げる。夏は暑く、冬は寒い。繁忙期には残業も増える。肉体的にきつくてつらいといわれる物流拠点での仕事を、ロボットに置き換えようとする取り組み…続き (7/26)

荷主と軽貨物ドライバーの仲介サービス「PickGo(ピックゴー、旧名称は軽town)」の画面

昭和で止まった物流業界 スマホで崩す商慣習 [有料会員限定]

 トラックドライバーの高齢化が止まらない。政府の調査によるとトラック業界で働く人の約4割が50歳以上。特に大型トラックの高齢化は著しく、平均年齢は2016年時点で47.5歳に達する。中高年層が大量に退…続き (7/19)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月26日(火)

  • Uber、ロンドンで営業免許更新されず―新CEOの対応は?
  • その爆弾処理ロボットは、仮想現実によって「その場にいる感覚」で操作できる
  • LTE通信に対応したApple Watchは、「次世代のiPhone」だった

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月26日付

2017年9月26日付

・ファーストブランド、専門家の営業支援サイトで英語版、訪日客狙う
・アルプス電気、車載レーザー部品に参入 小型レンズの技応用
・自動運転 向かい合うシート 180度回転 米アディエント提案
・芦森工業、シートベルト部品生産を大阪に移管 年産能力2倍
・介護大手のMCS、「日本式」サービスで中国市場開拓…続き

[PR]

関連媒体サイト