/

この記事は会員限定です

「象徴天皇の務め」とは何か お気持ち表明と憲法論

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」。宮内庁ホームページによれば、天皇陛下の先日のお気持ち表明にはこんな表題が付されている。生前退位のご示唆に関心が集中しがちだが、その大前提として「象徴とはどうあるべきか」を巡る積年の自問自答を吐露された点にこそ重みがある。憲法論の核心に触れる内実を伴い、政府の対応も慎重にならざるを得ない。

「有識者会議の設置も含めてどう対応していくか、考えていると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3026文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン